今月号の「さくらコンビニ通信」をお送りいたします。
さて、5月は比較的穏やかな日が続き、また下旬には真夏日を記録するところもあり、一気に半袖仕様になってしまいました。皆様のお店への影響は如何でしたでしょうか?さて、コンビニ業界においては、チェーン別、個店別の優劣がはっきりしてきており、勝組に成るためには、より正しい経営判断が求められます。そして正しい経営判断をするにも、常に最新の情報を得ている必要があります。また異業種間競合も厳しい状況になってきており、合わせてそちらの情報も併せて、当メルマガもその一助と成れるよう頑張ってまいります。

チェーン別既存店前年比4月比較

4月は月前半の気温が低く寒暖差が大きかったこと等から、温かい麺類中華まん等が好調に推移した事に加え、行楽需要を受け、おにぎり、調理パン、カウンター商材等の中食が好調だったことから、全店・既存店ともに売上高が前年を上回る結果となった。

※昨対%表示    売上高   客数    客単価
セブンイレブン   0.2  ▲ 2.5   2.8
ファミリーマート  1.8  ▲ 0.5   2.3
ローソン      1.5  ▲ 1.4   3.0
ミニストップ    ▲ 2.1 ▲ 4.0   2.0

別紙にて詳細データー添付参照ください。

編集コラム

6月号のコンビニ通信をお届けいたします。
各社ともようやく根本的なザーとジーの本格的な利益分配の見直しを始めるような状況となって来ました。遅すぎるくらいの動きですが、組織が老成化してきていて、悪い情報はトップまで上がらなくなっていることにも原因はあったようです。
どのような新しい時代にマッチしたFC契約条件になるのか興味をもってウォッチしていきます。また営業時間短縮についても、基本的にオーナーが強く望めば、一方的に本部が否定できないような、公取委の独禁法上の優越的地位の乱用適用の可能性あるとの公表で出来なくなりつつあり、店舗条件や人員状況により24時間辞める選択もできるようになりつつあります。
※このコンビニ通信ですが、今までメールアドレスを送っていただいた方だけに配信していましたが、
今月号より携帯のショートメールに、URLをお送りして読んでいただけるようにいたします。もしPCでご覧いただきたい方は、来月より転送していただきご覧いただければと思います。宜しくお願いいたします。