晩秋の季節になりました。

さて、10月は例年であれば、秋晴れの季節で過ごしやすい季節なのですが、秋雨前線の停滞や季節外れの台風の襲来が続き、雨ばかりが続く異常気象でした。みなさまの御商売においては如何な影響があったでしょうか?さて、コンビニ業界においては、チェーン別、個店別の優劣がはっきりしてきており、勝組に成るためには、より正しい経営判断が求められます。そして正しい経営判断をするにも、常に最新の情報を得ている必要があります。また異業種間競合も厳しい状況になってきており、合わせてそちらの情報も併せて、当メルマガもその一助と成れるよう頑張ってまいります。

コンビニ業界最新動向データー

9月は、前線等の影響により気温の差が大きかったことから、麺類や中華まん等の温かい商品が好調だった。更に、店内調理品等のカウンター商材も好調に推移したため、既存店売上高はほぼ前年並みの結果となった。
既存店ベースでは、売上高7,834億円(前年同月比-0.01%)が4ヶ月連続のマイナス、来店客数12億8,6 51万人(前年同月比-2.1%)が19ヶ月連続のマイナスになり、平均客単価609円(前年同月比+2.1%)は30ヶ月連続のプラスとなった。
「チェーン別既存店前年比 9月比較」
  ※昨対%表示   売上高   客数   客単価   
 セブンイレブン   1.3  ▲ 1.2  2.5
  ローソン     2.1  ▲ 0.5  2.6
ファミリーマート  ▲ 2.0  ▲ 3.5  1.5
サークルKサンクス ▲ 4.9  ▲ 6.9  2.1
 ミニストップ    1.3  ▲ 1.9  3.2
※既存店ベースでは売り上げを昨対で超えているチェーンもありますが、全チェーン通して既存店客数が減っているのが、ここのところの傾向でよくない数字です。客単価上げて売り上げをカバーしているのがこの数字から読み取れます。

別紙にて詳細データー添付参照ください。