確定申告の時期になりました。さくらコンビニ通信2月発刊号をお届けいたします。

さて、1月は山陰地方で記録的な雪が降るなど、日本海側では荒れた天気が多いのに比べ、太平洋側では気温は低いものの穏やかな天気が多かったようです。但しかなり乾燥しており、インフルエンザ等の流行を助長している状況でした。皆様のお店では影響は如何であったでしょうか?さて、コンビニ業界においては、チェーン別、個店別の優劣がはっきりしてきており、勝組に成るためには、より正しい経営判断が求められます。そして正しい経営判断をするにも、常に最新の情報を得ている必要があります。このメルマガもその一助と成れるよう頑張ってまいります。

コンビニ業界最新動向データー

12月は、店内調理品等のカウンター商材や調理麺、調理パン、サラダ等の中食、クリスマス等の年末商品の売れ行きが好調に推移したことから、全店・既存店共に売上高は前年を上回る結果となった。
既存店ベースでは、売上高8,378億円(前年同月比+0.5%)が3ヶ月連続のプラス、来店客数13億1,366万人(前年同月比-0.9%)が10ヶ月連続のマイナスになり、平均客単価638円(前年同月比+1.4%)は21ヶ月連続のプラスとなった。

  ※昨対%表示     売上高   客数   客単価   
 セブンイレブン     2.9   0.3  2.6
  ローソン       0.0  ▲ 1.1  1.1
 ファミリーマート    0.2  ▲ 0.9  1.1
 サークルKサンクス  ▲ 5.2  ▲ 6.2  1.0
  ミニストップ     0.2  ▲ 1.8  2.0

別紙にて詳細データー添付参照ください。