新緑の眩しいの季節がきました。さくらコンビニ通信6月発刊号をお届けいたします。

平素は当グループの税理士法人さくら税務等ご利用頂き、誠にありがとうございます。
さて、5月は各本部で政変や合併、社長交代等、いろいろなことが起こりました。巻末に新しい情報等載せてありますので是非お読みください。さて、コンビニ業界においては、チェーン別、個店別の優劣がはっきりしてきており、勝組に成るためには、より正しい経営判断が求められます。そして正しい経営判断をするにも、常に最新の情報を得ている必要があります。このメルマガもその一助と成れるよう頑張ってまいります。

コンビニ業界最新動向データー

4月は全国的に平均気温は高かったものの、降水量が多く客数に影響を及ぼした。しかしながら、花見等の行楽需要を受け、弁当、おにぎり、デザート等の売上を伸ばしたことや、淹れたてコーヒー、フライヤー等のカウンター商材も引き続き好調に推移したこと等から、全店・既存店とも売上高は前年を上回る結果となった。既存店ベースでは、売上高7,780億円(前年同月比+0.9%)が2ヶ月ぶりのプラス、来店客数12億9,182万人(前年同月比-0.2%)が2ヶ月連続のマイナスになり、平均客単価602円(前年同月比+1.2%)は13ヶ月連続のプラスとなった。

「チェーン別既存店前年比」 2016年4月(日本フランチャイズチェーン協会発表)
   ※昨対%表示    売上高   客数客    単価   
   セブンイレブン   2.7   0.4   2.3
    ローソン     1.7   0.6   1.0
  ファミリーマート   2.3   0.0   2.3
  サークルKサンクス ▲ 0.5  ▲ 2.4   2.1
   ミニストップ    0.3  ▲ 1.4   1.8
別紙にて詳細データー添付参照ください。