さくらコンビニ通信8月発刊号をお届けいたします。

平素は当グループの税理士法人さくら税務等ご利用頂き、誠にありがとうございます。今月号の「さくらコンビニ通信」をお送りいたします。7月は例年より数日早く梅雨明けした地域が多く、いきなり真夏日から猛暑日になった地域も多くありましたが、東北北部や九州においては、雨が多く続く等,地域差が大きかったようです。コンビニは元来夏は暑い日が続くほど需要がのびて売り上げがのびる業態ですが、皆様の店舗におかれましては如何でしょうか?さて、コンビニ業界においては、チェーン別、個店別の優劣がはっきりしてきており、勝組に成るためには、より正しい経営判断が求められます。そして正しい経営判断をするにも、常に最新の情報を得ている必要があります。

コンビニ業界最新動向データー

6月は、梅雨前線の活動が活発だったため、東日本太平洋側を除いた地域で降水量が多く、客数に影響を及ぼ した。しかしながら、淹れたてコーヒーを含むカウンター商材や弁当、惣菜等の中食が好調に推移したこと等から、 既存店売上高は前年を上回る結果となった。 既存店ベースでは、売上高7,675億円(前年同月比+0.6%)が3ヶ月連続のプラス、来店客数12億9,973 万人(前年同月比-0.3%)が5ヶ月ぶりのマイナスになり、平均客単価591円(前年同月比+0.9%)は3ヶ月連 続のプラスとなった。
コンビニ業界最新動向(大手5社)
「チェーン別既存店前年比」 2015年6月(日本フランチャイズチェーン協会発表)
  ※昨対%表示    売上高    客数    客単価   
  セブンイレブン   1.7   0.4    1.3
   ローソン     3.3   1.5    1.8
 ファミリーマート   0.3  ▲ 0.1    0.4
サークルKサンクス  ▲ 1.9  ▲ 4.4    2.5
  ミニストップ   ▲ 0.9  ▲ 1.9    1.0
別紙にて詳細データー添付参照ください。→ コンビニ統計