さくらコンビニ通信3月発刊号をお届けいたします。

平素は当グループの税理士法人さくら税務等ご利用頂き、誠にありがとうございます。今月号の「さくらコンビニ通信」をお送りいたします。2月は日本海側での雪も多く、北陸、東北、北海道地方の方々はご苦労も多かったと思います。ようやく3月に入り、東京では三寒四温のような状態になりつつありますが、まだまだ厳しい地域もあり、春はもう少し我慢が必要なようです。さて、コンビニ業界においては、チェーン別、個店別の優劣がはっきりしてきており、勝組に成るためには、より正しい経営判断が求められます。そして正しい経営判断をするにも、常に最新の情報を得ている必要があります。このメルマガもその一助と成れるよう頑張ってまいります。

コンビニ業界最新動向データー

1月は、平均気温が高かったものの、北日本を除き降水量が多かったため、客数に影響を及ぼした。一方、客単価については、淹れたてコーヒーを含むカウンター商材や惣菜等が引き続き好調に推移し、全店・既存店共に前年を上回った。なお、既存店売上高は前年を下回っているものの、たばこの売上高減少分を勘案すると前年よりプラスとなる。既存店ベースでは、来店客数11億6,058万人(前年同月比-1.6%)が11ヶ月連続のマイナス、平均客単価614円(前年同月比+1.0%)が4ヶ月連続のプラスになり、売上高7,124億円(前年同月比-0.7%)は10ヶ月連続のマイナスとなった。
コンビニ業界最新動向(大手5社)
「チェーン別既存店前年比」 2015年1月(日本フランチャイズチェーン協会発表)
   ※昨対%表示     売上高     客数    客単価   
  セブンイレブン     2.4   ▲ 0.4    2.8
   ローソン      ▲ 0.2   ▲ 0.3    0.0
ファミリーマート      0.0   ▲ 1.2    1.2
サークルKサンクス    ▲ 1.9   ▲ 4.7    2.8
  ミニストップ     ▲ 1.7   ▲ 4.3    2.7
別紙にて詳細データー添付参照ください。→ コンビニ統計