明けましておめでとうございます。さくらコンビニ通信1月発刊号をお届けいたします。

平素は当グループの税理士法人さくら税務等ご利用頂き、誠にありがとうございます。今月号の「さくらコンビニ通信」をお送りいたします。12月は爆弾低気圧が居座ったりして、各地に大雪や暴風雪等もたらして、各地で被害をもたらしました。皆様方のお店は大丈夫だったでしょうか?さて、コンビニ業界においては、チェーン別、個店別の優劣がはっきりしてきており、勝組に成るためには、より正しい経営判断が求められます。そして正しい経営判断をするにも、常に最新の情報を得ている必要があります。このメルマガもその一助と成れるよう頑張ってまいります。

コンビニ業界最新動向データー

11月は、全国的に平均気温が高かったが、中旬は北日本で局地的な大雪となる等の天候不順や消費者マインドの低下により客数に影響を及ぼした。一方、既存店客単価については、淹れたてコーヒーを含むカウンター商材の好調による買い上げ点数増加も影響し、2ヶ月連続で前年を上回った。なお、既存店売上はたばこ・雑誌等の購入者減少の影響も受け、前年を下回った。既存店ベースでは、来店客数12億3,372万人(前年同月比-1.8%)が9ヶ月連続のマイナス、平均客単価589円(前年同月比+0.2%)が2ヶ月連続のプラスになり、売上高7,269億円(前年同月比-1.7%)は8ヶ月連続のマイナスとなった。
コンビニ業界最新動向(大手5社)
「チェーン別既存店前年比」 2014年11月(日本フランチャイズチェーン協会発表)
 ※昨対%表示      売上高    客数    客単価   
 セブンイレブン     1.5   0.4    1.1
  ローソン      ▲ 1.3  ▲ 2.5    1.2
ファミリーマート    ▲ 1.7  ▲ 1.3   ▲ 0.4
サークルKサンクス   ▲ 4.0  ▲ 5.8    1.9
 ミニストップ     ▲ 2.2  ▲ 4.3    2.2

別紙にて詳細データー添付参照ください。→ コンビニ統計