コンビニで使える高齢者雇用時の助成金
今後のコンビニ経営において、人材確保は切実な問題と成っていく中で、高齢者の有効活用を積極的に図っていく事が、店舗運営の安定に繋がっていくと思われます。さらにそれについて、65歳以上の高齢者雇用を、国は政策として積極的に進めていく方針であり、それに乗っ取って実行する事業者に人件費を一部助成する制度がある事を皆さんは知っていますでしょうか?高齢者でも良い人材は結構おり、その人を雇用することにより、さらに助成金がもらえれば、非常にコンビニ経営者にとってはありがたい制度であるという事です。
では高齢者雇用において助成される可能性のある助成金の種類を、取得可能性及び金額構成を鑑みて①から順 番に以下に述べておきます。
共通項目として取扱い窓口はハローワーク
となり、雇用保険に加入している事業主が対象となりますので、もし雇用保険の適用事業主でないのであれば、まずは雇用保険に加入することが必須となります。以下のサイトで共通項目細目が確認できます。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/dl/kyoutsuu_youken.pdf

高年齢者雇用開発特別奨励金
雇入れ日の満年齢が65歳以上の離職者(注1)をハローワーク等(注2)の紹介により、1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れる事業主(1年以上継続して雇用することが確実な場合に限る)に対して助成支給される助成金
中小企業であれば最大90万円の助成金額が支給されます。
注1:離職者の定義は細かい規定があるので必ずハローワーク等で確認してください。
注2:ハローワーク以外に、届け出をして認定された無料・有料の職業紹介所等も含まれます。詳しくは以下のサイトで確認してください。
    http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/koyouantei_03-2.pdf
特定就職困難者雇用開発助成金
高齢者、障害者、母子家庭の母などの就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主の対して出される助成金です。
この助成金における高齢者とは、60歳以上65歳未満であり、①とは年齢が違いますので要注意です。30時間以上の契約で最大年額90万円、30時間未満契約で最大60万円が助成されます。詳しくは以下のサイトで確認してください。
   http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/koyouantei_03-1.pdf
トライアル雇用奨励金
「トライアル雇用」は職業経験の不足などから就職が困難な求職者を原則3ヶ月間試行雇用することにより、その適性や能力を見極め、常時雇用への移行のきっかけとすることを目的とする制度です。対象者一人当たり月額4万円(最長3ヶ月)支給されます。詳しくは以下を参照ください。
      http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/koyouantei_17.pdf
 注意事項
※すべてを同時に使う事は出来ないので、自分に一番あてはまるものを選択すること。
※要件が整っていても、予算や申請数により支給されないことがあること。
※ハローワークに申請書を出して、認定うけてからの雇用が助成金対象と成ります。