弊社では3月17日確定申告書提出期限に向けて、全開モードと成っています。まだ資料をお送りいただいていない方がおられましたら、申告期限が迫っていますので、何卒申告資料をお早めにお送り頂きますようお願い申し上げます。

閑期に普段できない業界知識・経理等勉強をしてみませんか?

日本フランチャイズチェーン協会が20日に発表した主要コンビニエンスストア10社の1月の既存店売上高は、前年同月比0・1%減の6852億円となり、2カ月連続のマイナスとなった。
 新規出店を含む全店ベースでは、店舗数は5・4%増の4万9481店、全店売上高は5・1%増となっており、新店と既存店の競争が激化していることがうかがえる。
コンビニ業界最新動向(大手5社)
「チェーン別既存店前年比」 2014年1月(日本フランチャイズチェーン協会発表)
   ※昨対%表示    売上高     客数     客単価   
セブンイレブン        4.2      4.6     ▲0.4
  ローソン       ▲ 0.4      0.6     ▲1.0
ファミリーマート       1.5      1.3      0.2
サークルKサンクス   ▲ 2.5    ▲ 1.3     ▲ 1.2
ミニストップ       ▲ 3.3     ▲ 2.5      ▲0.7

別紙にて詳細データー添付参照ください。→コンビニ平成26年1月度統計資料