◎NISA(少額投資非課税制度)について

今月号は平成26年1月から始まったNISA制度について解説します。
NISAとは?
NISAとは、少額の上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得について所得税を非課税とする制度です。平成25年12月31日をもって、上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得に対する10%の(所得税7%住民税3%)の軽減税率の特例が廃止され、平成26年1月からは本則税率20%(所得税15%住民税5%)に戻り、復興特別所得税も課税されることから、20.315%になります。税率を緩和する処置として、平成26年1月1日からNISA制度が導入されることに成りました。
2.制度の概要
金融機関において非課税講座を開設し、その非課税口座内において投資した年間100万円までの上場株式等に係る配当等や譲渡益が非課税となります。非課税期間は、非課税口座内に設けられた非課税管理勘定ごとに、最長5年間とされています。非課税管理勘定とは金融機関において他の課税対象となる口座と区分するために、非課税口座内において、各年に設けられた勘定をいい、平成26年から平成35年までの10年間において設置することが出来ます。
3.ポイント
・配当所得及び譲渡所得に対する20.315%の税率が、非課税口座内における年間100万円までの投資については0%になります。
・最大500万円(各年100万円×5年間)までが非課税投資額となります。
・非課税期間が終了した場合には、同一の非課税口座内の新たな非課税管理勘定に移管するか、特定口座や一般口座に移管することが出来ます。
4.手続き及び注意点
非課税口座を開設したい金融機関から申し込みができます。必要書類提出し4週間から6週間後に、税務署から非課税適用確認書が交付され手続きが完了します。必要書類等は各金融機関窓口にてご確認ください。
注意点
口座開設できるのはその年の1月1日において20歳以上の日本国内居住者である事。
一人1口座のみ
平成26年から平成29年までの最初の4年間は口座開設した金融機関の変更は出来ない。
特定講座や一般口座に所有している上場株式等を非課税口座に移すことは出来ず、新たな資金で投資することになります。
非課税口座内で取得した株式を売却して、保有枠が空いたとしても、その売却して空いた枠の再利用は出来ません。またその年の投資額が100万円に満たなかったことによる未使用分を翌年以降に繰り越して使用することもできません。またこの非課税口座の上場株等を売却し損が出たとしても、他の口座のでの利益等と損益通算したり、繰越控除をうけたりすることはできません。
※その他にも、注意事項ありますので、口座開設時に解説金融機関の説明をよく聞いて行ってください。