クリスマス・年末年始等商盛期のご準備は如何ですか?

引き続き既存店売上については、セブンの強さが目立ちます。これだけの新店が出ているなかでの既存店売上、客数が伸びているのは流石と言わざるを得ません。FMは客数減分を客単価アップでカバーし、売上プラスを確保しました。その他下位チェーンも対策を施しており、売上・客数減の歯止めがかかっている様にも見受けられますが、今後の推移を見守りたいと思います。

コンビニ業界最新動向
「チェーン別既存店前年比」 10月(日本フランチャイズチェーン協会発表)
   ※昨対%表示    売上高   客数  客単価   
セブンイレブン       1.9    1.6     0.3
  ローソン       ▲0.8   ▲2.4    1.5
ファミリーマート      0.6   ▲2.2    2.8
サークルKサンクス    ▲3.5   ▲4.1    0.6
ミニストップ       ▲5.1   ▲5.0   ▲0.2
別紙にて詳細データー添付参照ください。←ここをクリック