高年齢者雇用安定助成金について
高年齢労働者の雇用環境整備や、定年退職予定者の受け入れをする企業に対しての助成金制度をご紹介します。

はじめに
老齢年金の支給時期の引上げや、労働力人口の減少などが社会的問題になっています。
その問題を対処するために、高年齢労働者が働きやすい環境整備や、定年退職予定者の受け入れをする企業に対して助成金制度が創設されました。
本助成金は以下の2コースがあります。

高年齢者雇用安定助成金(高年齢者労働移動支援コース)
高年齢者雇用安定助成金(高年齢者活用促進コース)

高年齢者雇用安定助成金(高年齢者労働移動支援コース)
高年齢者の円滑な労働移動の促進を図るため、定年を控えた高年齢者で、その知識や経験を活かすことができる他の企業への雇用を希望する者を、職業紹介事業者※の紹介により、失業を経ることなく雇い入れる事業主に対して、助成金が支給されます。
※雇用関係給付金の取り扱いに係る同意書を労働局に提出している有料・無料職業紹介事業者

【支給金額】対象者1人につき70万円(短時間労働者の場合は1人につき40万円
【支給対象事業主】
    1.定年の1年前から定年までの間に、定年予定者と労働契約を締結する事業主
    2.職業紹介事業者※の紹介により、当該対象者を雇い入れる事業主
    3.当該対象者を、65歳以上まで雇用することが見込まれる事業主

高年齢者雇用安定助成金(高年齢者活用促進コース)
高年齢者が意欲と能力がある限り、年齢に関わりなくいきいきと働ける社会を構築していくために、高年齢者の活用促進のための雇用環境整備の措置を実施した事業主に対して、その整備費用が助成されます。

【支給金額】高年齢者の活用促進のために、雇用環境整備の措置に要した費用の2分の1
     ※1に相当する額(上限500万円※2)
 ※1 中小企業事業主は費用の3分の2に相当する額
 ※2 1年以上継続して雇用する60歳以上の雇用保険被保険者1人につき20万円を上限とします
【雇用環境整備の例】
①新たな事業分野への進出など
  高年齢者が働きやすい事業分野の進出(新分野進出)
  高年齢者の就労に向く作業の切り出し(職務再設計)
②高年齢者が作業しやすくなる機械設備の導入など
  運搬作業などを容易にする機械設備の導入
  作業方法の改善・作業環境の改善 など
③高年齢者の雇用管理制度の整備
  高年齢者に関する賃金制度・能力評価制度などの構築
  短時間勤務制度・在宅勤務制度の導入
  研修など能力開発プログラムの開発 など
④70歳以上まで働ける制度の導入
  70歳以上への定年の引上げ
  定年の定めの廃止
  65歳以上への定年の引上げ、および希望者全員70歳以上までの継続雇用制度の導入 など

高年齢者雇用安定助成金チェックシートH23